GohanToFuton’s blog

毎日が手探り

The ピーズ 武道館公演の話②

前回の更新から

1日空きまして…

 

いろいろ考えていたんだけれども

前回のような、なんてーの?

レポみたいなのって難しいね。

 

ちょっともう、自分が書きやすいよう

触れたいとこだけ触れて

思ったことばーんって感じでいきます。

 

もう前回の、1曲ずつ説明したりしてたのは

忘れてください。

 

この武道館公演で一番驚いたのは、

3時間あっという間かよ!ってとこかな。

 

そう、そうなんだよ。

楽しい時間はそうなんだよ。

けど、あまりに早すぎたわ。

 

まさに走馬燈

ちょっと縁起悪いけど。

The ピーズのこれまでがばーーーって

目の前過ぎ去ってく感じ。

 

私がピーズ好きになったのは

4~5年前とかそんくらいなので

彼らをずっと見てたわけじゃないんだけど

まるで30年ずっと見てきたような。

 

活動休止してたこととか、

はるさんの精神面が不安定になってたこととか、

知ってはいたので

今、この瞬間にこの3人を武道館で見れてる。

3人が出す音を聴けてる。ということが

どれだけ幸せなことかぐっと嚙みしめた。

 

そんなわけで、

客席の電気がパッと点いた中で

満員の客席を見ながら聴いた「グライダー」は

本当に感無量だったわ。

 

「30年前も30年先も」って歌ってんの聴けただけでも

行った甲斐あった。

 

自分は四国に住んでいるので

結構前から有給調整して、

飛行機手配して遠征したんだけど

もうきっとこんなこと無いよ。

 

移動はきついしお金もかかるし。

 

けど、そんなの帳消しになるくらいの

3時間だったよ。

 

ライブであんなに泣いたのも初めてだったし

あんなに泣いてる人だらけのライブも

初めてだった。

 

きっとあそこにいた人みんな

ピーズの音楽が鳴ってる間は

死にたい朝 まだめざましかけて

明日まで生きてられるんだよな。

 

すごいことだよ。

元気づけられる、っていうのも違うし

寄り添われてるってのもなんだか。

 

不思議だよねピーズの曲が持つ力って。

 

ひとつ言えるのは、

どんな形であれ

ピーズの音楽に助けられてる人が

大勢いるってこと。

 

ピーズを好きでよかった、

少し大げさだけど

今日まで生きていてよかった、

心からそう思える夜でした。

 

彼らの音楽を聴きながら大人になったので

私はもっともっと生きのばします。

 

人生は最低でいて最高。

 

ありがとう、はるさん、アビさん、シンちゃん。

ずっとずっとピーズでいてくれよ。

 

あまり上手くまとめられず

言いたいこと全部書けなかったかもしれないけど

ピーズ武道館の感想はこの記事で終わります。

 

では、サイナラ(^^)/

The ピーズ 武道館公演の話①

先日の記事でさらっと書いた通り

私は6/9(金)、The ピーズをみるために

武道館に行ってきました。

 

f:id:GohanToFuton:20170611204853j:plain

 

開場前にビールをいただいたおかげで

変なテンションのままその瞬間を迎えました。

 

3人が出てくる前は

ステージの両端に置かれたモニターで

昔の写真や映像なんかが流れてた。

それ見てる時点でもうすでにこみ上げるものがあったよね。

 

ほいでなんやかんや開演。

よくわからんラテン系の音楽に乗って

踊りながら3人出てくる。じわ。

 

ハッキリ覚えてないけど、

はるさんの第一声は

「いぇいいぇいいぇーーーい!」

みたいな感じだったかな…?

 

全部で35曲くらいやったみたいで

全曲に触れてるととんでもねえ長文になるから

自分が特にグッときたところをかいつまんで

だらっと書いていきます。

 

まず、ノロマが走っていく

この曲で始まった。

正直、開演前のびっしり埋まった

客席を見ただけでうるっときてたんだけど。

 

アビさんのギター鳴った瞬間

感動が一旦どっかいって涙乾いた。

かっこよすぎるわ。

と同時に、

The ピーズの武道館公演が始まった!!」という

当たり前の事実がぐわっと押し寄せてきて

歌詞も相まって結局また涙出たんだけどね。

 

次はとどめをハデにくれ

はるさんの

最低だ!最低だ!最高だ!!!!で

自分のボルテージもだだ上がり。

 

次、鉄道6号

この曲はほんとやばかった。

涙腺にクリティカルヒット

 

「やっと こんないいとこまで

たどり着いてしまった 

はあ お疲れさんだよ」

 

今日のことじゃんこんなの。

 

「汚れるほど 汚れるほど

愛しい眺めがおかげで 増えるよ

悪くはねーね」

 

ここなんて、

ステージの3人の気持ちとリンクしてくれてたら

いいなあなんて思いながら聴いてた。

 

あとからあとから涙が出てくる

4分弱だった。

 

次は焼めし

イントロで両手をうわ~って動かす振り?

みたいなやつ、あんだけ大勢がやってると

異様な光景でちょっと笑えた。

 

やばいな、結局1曲ずつ語ってるわ。

 

その後ブラボー映画脱線でいーねと続き

いちゃつく2人!!

これすごい楽しかったなあ。

 

あー、今日はもう寝よう。

続き明日、いやそのうち書きます。

もっとかいつまむつもりだったのに書きすぎた。

 

では。

 

 

 

 

 

The ピーズとの出会いから昨日までのこと。

昨日の今頃、私は日本武道館に居た。

 

6月9日、ロックの日、快晴、酔っぱらい。

いよいよこの日が来たという感じ。

 

私がThe ピーズというバンドに出会ったのは

高1だか高2だかまあそのあたり。

 

私の音楽の趣味に多大な影響を与え続けている

友達がいて。

その友達からすすめられたんだったような気がする。

はっきりとは覚えてないけど。

 

近所のTSUTAYAでグレイテスト・ヒッツの1を借りた。

世紀末のうたを気に入って聴いてたな。

その後、The ピーズや赤羽39なんかを聴いた。

 

社会人1年目で、初めてピーズのライブに行った。

徳島グラインドハウス。ちっさいハコなんだ。

もう圧倒されたよ。絶対また見に行くと決めた。

 

でもその後、ピーズはなかなかこちらには来てくれず。

例の友達にいろいろ聞くと、

徳島に来ることも珍しいとのこと。

それじゃ仕方ない、また来てくれるの気長に待つか。

少しなら遠征してもいいかもな、なんて思いつつ。

 

それから少しの時が流れた。

 

その間も、私は変わらずピーズの音楽を聴き続けていた。

 

怒髪天やらフラカンやらがバトンを引き継ぐように

武道館でライブしているのは知っていた。

でもそれはどこか他人事で。

 

ピーズがそのあたりのバンドと交流が深いっていうのも

わかってたけどそれでも他人事だった。

 

自分はすごくピーズが好きだけれど

万人受けするバンドではないだろうし

知名度もはっきり言って…ねえ?

 

だから、ピーズがコレクターズからバトンを貰って

武道館公演やるって知ったときは

もちろん、見に行きたい!って気持ちも強かったんだけど

それ以上に、ほんとにおせっかいなんだけど(笑)

お客さん全然入らなかったらどうしよう、とか

はるさん声でなかったらどうしよう、とか

そんな心配のほうが勝ってたかな。

 

最初は平日で仕事もあるし、一緒に行く人いないし

よっぽど気が向かないと行かねえな、って感じだった。

 

けど、そんなときに

音楽と人」のインタビューを読んだの。

するとどうよ、そこには

「武道館終わったら活動休止する勢いで~」だの

「葬式だと思って来てくれ」だの

見方によっては不穏な言葉だらけ。

 

あ、行かなきゃ後悔するかも。

 

そう思った。

 

まあそんなこんなで、

仕事のことも交通手段のこともひとまず置いておいて

チケットを取ることにしたんだ。

 

そんでまあ結局有給も取れて、

飛行機乗るの怖いからって母親を引き連れて

行くことにしたわけさ。

 

ロックの日が近づくにつれて

Twitterで加担ツイートたくさん見かけたり

楽しみだっていってる人たくさん見かけたり

自分も興奮してきてはいたんだと思うけど、

当日、飛行機乗るまで実感わかなかった。

 

武道館の敷地に足を踏み入れて、

どえらい人の数を目の当たりにしたとき、

ああ、今日ピーズがここでライブすんだって

ほんとに実感した。

 

こんなにピーズ好きな人いっぱいいんの?

みんなダメダメなんだなとか考えてた。

 

 

とまあ、私がピーズを好きになってから

武道館に行くまでのお話でした。

 

次のブログでレポ的なの書けるといいかな。

 

あ、特に好きな曲は

鉄道6号、ドロ舟、生きのばし、3度目のキネマなんかです。

いや、でもどっかにいこーや日が暮れても彼女と歩いてたみたいな

泥っぽくてストレートでたまに照れてしまうような

ラブソングも大好き。

 

まあそんなわけで、この記事は終わり。

次も書きたいことだけだらだら書きます。

 

 

近況と禁断のあれ。

この1週間

仕事がめちゃくちゃ忙しく。

 

会社の犬として

懸命に働いておりました。

 

もっと自由に、かるーく

文章を書いていこうと思いましてな。

最初の方の記事なんか、

肩に力入りまくり。ガッチガチ。

 

もっと自然体で、

脳みその中身ポンっと出したような

そんな場所にしたいですね。

 

それはそうと、数ヶ月ぶりに

禁断のあれをやっちまったよ。

 

あれっつったらあれだよ。あれ。

 

 

 

白飯 feat. 明太子

 

f:id:GohanToFuton:20170407232645j:image

 

これはね〜〜〜〜、罪。

 

日本人なら分かるでしょ?

罪以外のなにものでもないよ。

 

もう、白飯が進む進む。

魅惑のピリ辛プチプチボディ。

あぁ…。

 幸せな気持ちで眠れそう。

 

プリン体とかァ!

全く気にしてないんでェ!

そこんとこ夜露死苦ゥ!!!

 

 

おやすみ。

この素晴らしき世界。

 

笹舟のように流れていくと困る

お題「ケータイと私」

 

肌身離さず。

 

いつもそばに。

 

運命共同体

 

 

ケータイと私ってそんな感じ。

 

ケータイ無くても生きていける!

って胸張っては言えないわ…。

 

ああ、よくないね。

文明の利器に頼り過ぎ。

 

連絡は伝書鳩

調べ物は辞書、

写真はフィルムカメラ

 

そんな生活にシフトしたい。

できることならば。

 

できねえだろうな〜〜。

 

伝書鳩はちょっと盛ったね。

固定電話にしとこうか。

 

もういい年になるし、

少しずつスマホ離れするべきだな。

 

スマホがなくても

スマートな大人になろう。

 

嗚呼、スマホはもはや俺の臓器(ё)

 

タイトルで

チャットモンチーを匂わせつつ

貼る動画はこちらでした。

 

 

おやすみ。

眠気とぼく

まあ今朝起きても

案の定、深キョンにはなってなかった。

 

さっきまで頬張っていた

豆の菓子が逆流してきそう。

きもい。

 

眠い。

 

眠気ってなんなんだろな。

 

来て欲しくないときに来る。

来て欲しいときには来ない。

 

眠気と心が通じ合ってないんだわ。

 

眠気ともっと仲良くなれたら

自分の都合の良いときに

来てくれるようになるんだろうな。

 

タイミングがばっちり合うように

なるんだろうな。

 

眠気との付き合い方

を改めたほうがよさそう。

 

連絡はこまめにとって、

たまにはプレゼントなんかあげて。

 

うう〜ん、人付き合いが苦手な

自分にとっては地獄だな。

 

人じゃないか…。

 

おい眠気よ、聞いてるか。

お前はどうしてそう

来ちゃいけない時に来ちゃうんだ。

来てほしいときは一声かけるよ。

そしたら来てくれ。

めいっぱい可愛がってやるから。

 

ほら、今だって。

来るなって言ってんのに、

あーあーあー…

 

 

おやすみ。

明日の朝に期待

眠いねん。

 

ブログ毎日書くって決めたけど

眠いねん。

 

眠気がもし液体のようなものならば

ドッパ〜〜ンいうて溢れてるわ。

 

枕ビッシャ〜〜いうて。

 

枕を濡らすとはこういうことよ。

 

眠気が液体なら、紫色だと思うよ。

 

独断と偏見だよ。

 

 

朝飽きたら

深田恭子になってますように。

 

おやすみ。

 

f:id:GohanToFuton:20170328222111j:image